茶の間と台所の使い方

一般的なお茶の間の床に座って過ごす部屋であり畳はカーペット敷きである、板の間になっていることもある。部屋の中心に、ちゃぶ台のような座卓があり、これを囲むようにインテリアと家具の配置になっている。 家族が楽しめるようにTVやオーディオ機器が置かれている場合がほとんどである。そのため、TV番組で"テレビ=茶の間で見られている"という前提の下、視聴者を指して"お茶の間の皆さん"と呼称することができます。 台所(だいどころ)、キッチン(英語:kitchen)、厨房(ちゅうぼう)、調理場(ちょうりば)、勝手場(かってば)、(お)勝手(かって)などと呼ばれる料理をする場所。流し台(シンク、給水設備、排水設備)、加熱調理器(コンロ)、換気設備(換気扇)、作業台(ワークトップ)、収納庫(キャビネット)、およびワークスペースで構成されている。 台所、キッチン、勝手場という呼称は、主に一般住宅のキッチン設備を指し、厨房や調理場という呼び方は、レストランや給食センターなどの大規模な業務用厨房設備を指すことが多い。 レストランの営業目的である業務用(厨房、調理場)、タスクの数に応じて適切な規模と設備の設定が必要です。デザインは、給水設備、排水設備、ガス設備、電気設備などの関連する多様な専門知識が要求される(厨房設備施工技能士))。衛生上は、保健所からの指導で二槽式のシンクや洗面所の設備、消毒薬の設置を指導され、定期的な検査を必要とすることもある。 歴史 語源は、平安時代の台盤(食物を載せるための脚付きの台)も、人間の根幹たる胎盤ともいわれる。 食品を調理するためには、洗う、切る、煮炊きするなどの操作が必要である。竪穴式住居は、各家の中央から炎によって加熱調理をして高くなる中で、この排煙の役割を果たした。このように家族が密集した状態では、健康上の問題があり、また、これらの機能に満足させることができる。そのため、はじめ、住居の端に台所空間を移動して、その中で独立した部屋が作られたのが台所の開始とする。
[PR]
# by loonely111 | 2010-07-08 18:24